お役立ち情報

★☆★4月のチェックポイント★☆★


◎1月に住民税の「給与支払い報告書」を提出後、
  退職等により4月1日現在、在職していない社員の
 「給与所得者移動届出書」を4月16日(月)まで
  1月に提出した市町村へ提出します。


 ◎新入社員や扶養親族に異動があった社員から
 「扶養控除等(異動)申告書」の提出を受けます。


 ◎所得税の振替納税は4月20日(金)消費税は4月25日(水)となります。


 ◎春の全国交通安全運動、今年のスローガンは

             「春風に 一緒にのせよう ゆとりとマナー」

 



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る

 

 ◎1月に住民税の「給与支払い報告書」を提出後、退職等により4月1日現在、在職していない社員の「給与所得者移動届出書」を4月16日(月)までに1月に提出した市町村へ提出します。

 ◎新入社員や扶養親族に異動があった社員から「扶養控除等(異動)申告書」の提出を受けます。

 ◎所得税の振替納税は4月20日(金)消費税は4月25日(水)となります。

 ◎春の全国交通安全運動、今年のスローガンは

「春風に 一緒にのせよう ゆとりとマナー」

 



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


新入社員も知っておきたい印紙税の基礎

 

  印紙税は、領収書や契約書などの印紙税法に規定された課税文書に対して課せられます。
 (メール等で発行した電子文書には不要)

 領収書については、記載金額5万円以上が課税対象ですが、

 消費税額を区分記載していれば、消費税額を除いた金額が記載金額になります。

  例えば、税込52920円の場合は、

    「52920円(うち消費税3920円)」のように

 消費税額を区分記載すれば、記載金額は49000円となり印紙税は課せられません

一方、「52920円」だけであれば 印紙税200円が課税されます。

印紙の貼り忘れや、消印しなかった場合は過怠税が課せられますので、注意しましょう。


 ※収入印紙は、印紙税という税金で、租税や行政に対する手数料の支払いに利用される証票です。
    国が租税や手数料を徴収するために用いられるのが収入印紙です。
    印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた課税文書と呼ばれるものです。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


民営化前に預けた郵便貯金にご注意を!!

 

 郵政民営化前の19年9月30日以前に郵便局へ預けた

 定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金はすべて満期を過ぎています。

 これらの郵便貯金について法律の規定により、

 満期後20年2ケ月が経過すると払戻しが受けられなくなるため、注意が必要です。

 なお、民営化後の19年10月1日以降に預けた貯金は、この規定の対象外となります。

 該当する郵便貯金をお持ちの場合は、早めに払戻しの手続きをしましょう。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


★☆★3月のチェックポイント★☆★

 

 ★所得税・贈与税の申告・納税は 3月15日(木)

    個人事業者の消費税の申告・納税は 4月2日(月)

    振替納税の方は所得税が 4月20日(金)

    個人消費税は 4月25日(水) が振替日


 ★3月1日から「ゆうパック」料金が、平均12%値上げになります。詳細は郵便局等で ご確認ください。


 ★期限切れとなる、契約書・身分証明書・届出書などを確認し、更新や延長の手続きをします。


 ★年度末は、売掛金など債権回収の好機。
    残高等の確認を行い、完全回収に取り組みましょう。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


確定申告を行う際の主な注意点

 

 ◎医療費控除

      「医療費控除の明細書」の提出が必要となり、領収書の提出等は不要となりました。
       ただし、従来どおり領収書の提出等による申告も可能です。

 ◎ふるさと納税

        ワンストップ特例制度を申請している方が確定申告を行う場合には、特例を適用できないため、
        すべてのふるさと納税の金額を寄附金控除の計算に含めて申告する必要があります。

 ◎雑損控除

        災害や盗難等で資産に損害を受けた場合に適用できますが、   
        生活には通常必要でない資産(貴金属・書画・骨董等)は対象外です。

 ◎給与以外に副収入がある場合

       年末調整を行った給与所得者でも、ネットビジネスや仮想通貨の売却などによる所得が
      20万円を超える場合には、確定申告が必要となります。

 ◎上場株式などの繰越損失がある場合

       1年間取引しなかった場合でも、損失を繰り越すには申告が必要です。
        なお、譲渡益から繰越損失を控除した場合は、控除前の金額が合計所得金額に加算されます。

 ◎国外所得がある場合

       居住者は国外で得た所得も申告します。なお、29年末時点で5千万円超の国外財産を保有している場合、
       国外財産調書の提出が必要です。(30年3月15日提出期限)

 ◎マイナンバーの記載等

       確定申告書には税務署へ提出する都度、マイナンバーを記載します。
       また、提出する際に本人確認書類の提示または写しの添付が必要となります。
       e-Taxの場合は不要。

 


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


国民年金の前納制度を利用する場合は

 

 国民年金では、一定期間(6ヵ月・1年・2年)の保険料をまとめて納めることで、 
 毎月納める場合と比べて割引きとなる前納制度があり、
 例えば、2年前納は 15000円程度の割引になります。

  口座振替やクレジットカードによる6ヵ月(4~ 9月分)、1年及び2年前納を利用する場合は、
 2月末までに申込手続きを行う必要があります。

 なお、2年前納した場合は、年末調整又は、確定申告で、

     ①納めた年に全額控除

     ②各年で控除

 いずれかの方法で社会保険料控除が受けられます。

 


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


30年度の協会けんぽの保険料率が決定

 

  主に中小企業が加入する協会健保(全国健康保険協会)の30年度の保険料率が決定しました。

  健康保険料率についていは、都道府県ごとに異なる料率が設定されていますが、
 30年度から改訂されるのは42支部(引上げ18支部・引下げ24支部)、据置きが5支部となりました。

  また、40歳 ~64歳までの方(介護保険第2号被保険者)が負担する全国一律の介護保険料率は
 1.57%(現行1.65%)に引き下げとなります。


これらは3月分(4月納付分)から適用です。


各都道府県の保険料率は コチラでご確認ください。

 


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


セルフメディケーション税制

 

  セルフメディケーション、聞いたことはありますか?名前だけ知ってはいるけど・・・・

  という人も多いかもしれません。

  セルフメディケーション(Self 「自分」 Medication 「治すこと」)とは、

   世界保健機関(WHO)において「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」

   定義されています。

  セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から新しく始まった医療費控除の特例のことをいいます。


  *セルフメディケーション税制*

   健康の維持・増進、疾病予防への取り組みを行う人で、医療用医薬品からの代替を進める観点から1 年間

 (1 月1日~12 月31 日)に特定の成分を含む対象のOTC医薬品 を生計を共にする扶養家族分をまとめて

  合計12,000 円以上購入した場合、12,000 円を超えた金額に対して確定申告をすると、

  その年分の総所得金額等から控除される税制です。

 (申告者の扶養家族分を含む控除の上限金額は88,000 円です。)

    ☆ OTC:Over The Counterの略/カウンター越しに店頭で販売している市販薬

        医師によって処方される医療用医薬品からドラックストアで処方箋なしでも購入できるOTC医薬品に転用された医薬品です。



     利用条件・対象となるOTC医薬品について・・・・詳しくは下記サイトにてご確認ください。

  厚生労働省 セルフメディケーション税制の概要

     http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000124845.pdf

  厚生労働省 セルフメディケーション税制 特設ページ

         http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

  


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


年賀はがきの投函日に注意!

 

  今年6月から、はがきの郵便料金が10円引上げられ62円になりましたが、

  年賀はがき(「年賀」と朱記した私製はがきを含む)については52円に据え置かれています。

  しかし、年賀はがきに52円が適用されるのは、

 「12月15日 ~ 来年 1月 7日投函分」となります。

  そのため、1月8日以降に投函した場合などは、

  原則、通常はがきとして62円の郵便料金が適用されることから、

  52円の年賀はがきに10円切手を貼り足さないと料金不足になるので注意しましょう。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


売掛金の回収・管理の重要性

 

  企業にとって売上を伸ばすことは重要なことですが、

  商品(サービス)を売っても、売掛金を回収できなければ、

  商品の代金だけでなく、売るまでに費やしたコストも損失となるため、

 その分を取り戻すには同じ商品を何倍も売らなくてはなりません。

  また、売掛金の回収までの期間が長くなれば、仕入先などへの支払いが厳しくなるため、

  最悪の場合は黒字倒産に繋がります

 このように売掛金の回収・管理をおろそかにすれば、資金繰りの悪化を招きますので、

 売上をのばすだけでなく、売掛金の回収・管理を徹底することが 事業継続のための重要なとなります。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


年金機構からの「マイナンバー確認リスト」

 

  日本年金機構が管理している被保険者等の情報(氏名・性別・生年月日・住所)と、

  住民票の記載情報が相違している等により、

  同機構でマイナンバーが確認できない方がいるようです。

  そのため、マイナンバーが確認できない被保険者及び被扶養配偶者(第3号被保険者)が

  在籍する事業所の事業主には、同機構から12月中旬以降、「マイナンバー確認リスト」が送付されます。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


扶養親族等の異動がないかを確認

 

  年末調整は「扶養控除等(異動)申告書」などに基づいて行います。

 年の中途で控除対象扶養親族の数などに異動があった場合は、

 その都度異動申告を行うことになっていますが、

   *控除対象であった扶養親族が就職や結婚などにより対象外となった

   *結婚したことで控除対象となる配偶者を有することなった

   *離婚などで寡婦に該当することとなった場合

 など、異動申告を提出し忘れていることがありますので、確認しましょう。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


年末調整で必要となる控除証明書を確認

 

  給与所得者が年末調整で保険料控除を受けるために必要となる

  控除証明書が送られてくる時期となりました。

  保険料控除申告書に添付して提出する必要がありますので、

  以下の控除証明書を大切に保管しておきましょう。


   ◎生命保険料や地震保険料を支払った方

       契約している保険会社から届く保険料控除証明書


   ◎国民年金保険料を支払った方

       年金事務所から届く社会保険料(国民年金保険料)控除証明書


   ◎iDeCo(個人型確定拠出年金)の掛金を支払った方

      「個人払込」の加入者の方に、国民年金基金連合会から届く小規模企業共済等掛金払込証明書。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


欠損金の「繰越控除」と「繰戻還付」

 

  欠損金が生じた場合に、適用できる制度として「繰越控除」「繰戻還付」があります。

 (繰戻還付の適用は中小法人等や災害損失欠損金を有する法人に限られます) 

 

   繰越控除は、欠損金を翌年度以降9年間(30年4月開始事業年度から10年間)にわたり繰り越すことができ、

   繰越期間中の事業年度で生じた所得金額から 控除する制度です。

   ただし、中小法人等以外については控除できる金額に制度があります。

 (29年4月開始事業年度は所得金額の55%、30年4月開始事業年度からは50%が限度)

   

   繰戻還付は、前年度に所得があり法人税を納付していた場合、

  その所得と相殺することで納付した法人税の還付を受けることができる制度です。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


「源泉控除対象配偶者」が38万円の控除対象

 

  2018年から配偶者控除・配偶者特別控除は、

  控除額38万円の対象となる配偶者の合計所得金額の上限を85万円(給与収入のみの場合150万円)

  引き上げる等の見直しが行われます。

  これに伴い、これまでの控除対象配偶者(居住者と生計を一にする配偶者で、合計所得金額が38万円以下)は

   「同一生計配偶者」に名称変更され、

  合計所得金額 1千万円以下である居住者の同一生計配偶者が「控除対象配偶者」となります。

  また、配偶者控除等が38万円となる配偶者

 (合計所得金額900万円以下である居住者と生計を一にする配偶者で、合計所得85万円以下の方)は、

「源泉控除対象配偶者」となります。


詳しくは、コチラを参照ください。

 


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


退職金に係る税務上の取り扱い

 

  退職金は、長年の勤労に対する報償的給与として一時に支払われるものであるため、

  退職所得控除や他の所得と分離して課税されるなど、税負担が軽くなるよう配慮されています。


◆勤続年数に応じた退職所得控除額

   退職金の支払いを受けた場合、所得税の課税対象となる退職所得は

   

   【(退職金 - 退職所得控除額)× 1/2 】    で算出します。(特定役員に対する退職金については異なる)

   

    これに所得税の税率を掛けて、控除額を差し引いた金額が所得税額(基準所得税額)となります。


  


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


相続税額の2割加算対象

 

  被相続人(亡くなった方)から相続等によって財産を取得した方が、

  被相続人に一親等の血族(代襲相続人となった孫等の直系卑属を含む)及び配偶者以外である場合には、

  その方の相続税額は2割加算した金額となります。


  そのため、被相続人の兄弟姉妹や、甥・姪が相続人となった場合は

  一親等の血族に該当しないため、2割加算の対象となります。

  なお、被相続人の養子については、一親等の血族に該当するため

  2割加算の対象にはなりません。

  ただし、被相続人の孫が養子となっている場合には、

  2割加算の対象になります。(代襲相続人である孫養子を除く)



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


29年度 地域別最低賃金の改定

 

 ◆すべての地域で22円以上の引き上げ額に


 29年度の地域別最低賃金について、中央最低賃金審議会が示した引上げ目安などを参考に

 各都道府県の地方最低賃金審議会が審議した改訂額の答申が出揃いました。

 答申された改訂額は、すべての地域で22円以上(22~26円)の引上げとなり、

 全国加重平均額は、848円(25円引上げ)となります。

 改訂額の発効日は各都道府県で異なり、9月30日から10月中旬までに 順次発行される予定です。

 地域別最低賃金は原則、産業や職種、雇用形態に関係なく適用されますので、

 厚労省や労働局のホームページ等で必ず確認しましょう。


   厚生労働省の関連ページは  コチラ




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


国税の滞納と猶予制度

 

 税金を納期限までに納付しなかった場合は、延滞税が課せられるほか、督促状を受けても納付が行われない場合には財産の差押えや換価(売却)といった滞納処分を受けることがあります。

 また、金融機関からの融資が困難になるなど経営に影響が出ますので、納税資金を考慮した資金繰りが重要です。


◆国税が納付困難となった場合の猶予制度

 国税を一時に納付することが困難な理由がある場合は、以下の猶予制度を税務署に申請することで、

 財産の差押えや換価(売却)の猶予などが認められる場合があります。

(原則、猶予期間は1年以内となり、猶予を受けた国税は猶予期間中に分割納付)


◎納税の猶予

 災害、病気、事業に著しい損失が生じたなどのやむを得ない理由や、

 本来の起源から一年以上たって修正申告などで納付税額が確定したことによって、

 国税を一時に納付できないと認められる場合は、申請により納税が猶予されます。


◎換価の猶予

 国税を一時に納付することにより事業の継続または生活の維持を困難にする恐れがあると認められる場合は、

 猶予を受ける国税の納期限から6か月以内の申請により、差押え財産の換価(売却)が猶予されます。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


厚生年金保険料率改定

  平成29年 9月分(同年10月納付分より)厚生年金保険料率が、18.3%に改定になります。


  16年の法改正により、これまで毎年9月に0.354%(一般の場合)ずる段階的に引き上げが行われてきましたが、

  この保険料率引上げは今年9月の改定で最後となり、29年9月分(10月納付分)以降は、18.3%で固定

  されることになっています。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


社会保障関連制度(平成29年8月から変更)

  

  高額療養費の上限額変更(70歳以上)

 1ヵ月に支払った医療費が自己負担限度額を超えた場合に払い戻す制度について、

 70歳以上の方の上限額(月ごと)が以下のように変わります。


   *現役並み所得者の外来(個人ごと)の上限額を

                  5万7600円(現行4万4400円)に引上げます。

   *一般所得者の外来(個人ごと)の上限額を

                  1万4000円(現行1万2000円)に引上げます。


  ただし、年間14万4000円の上限が設けられます。

  また、世帯ごと(外来+入院)の上限額を5万7600円(現行4万4400円)に引上げます。



◎高額介護サービス費の上限額変更

  1ヵ月に支払った介護サービスの利用者負担が

  一定の限度額を超えた場合に払い戻す制度について、

 「世帯内のどなたかが住民税を課税されている方」の上限額(月額)を

   4万4400円(現行3万7200円)に引上げます。

  ただし、1割負担の方のみの世帯には、年間44万6400円の上限を設けます(時限措置)。



◎年金受給資格期間の短縮

  老齢年金の受給資格期間(保険料の納付期間や免除期間などの合計)は、

  これまで原則25年以上必要でしたが、「原則10年(120月)以上」となります。



◎介護保険料の算定に「総報酬割」を導入

  40 ~ 64歳が負担する介護保険料の算定方法について、

  各医療保険者(健保組合や協会けんぽなど)の加入数に応じて決める加入者割から、

  加入者の報酬額に比例する総報酬割へ段階的に移行します(32年度に全面導入)。

  報酬水準が高い健保組合の被保険者は負担増となり、協会けんぽでは負担減となります。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


お祭りなどに協賛金を支出した場合

夏祭りや花火大会が行われる季節になりました。


  事業と直接関係のないものが主催しているイベントに対して協賛金を支出した場合は、

原則として「一般の寄附金」となり

一定限度額の範囲内で損金算入できます。

  

  ただし、協賛企業として、

  *社名入りの提灯が吊るされる

  *ホームページや配布されるパンフレットなどに広告掲載がある

  など、不特定多数に対する宣伝効果が期待できる場合は、

  広告宣伝費として全額損金になります。


  一方、取引先など事業に関係するものが主催するイベントなどに対して、

  今後の取引先関係を維持することを目的に協賛金を支出した場合は交際費等に該当します。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る

高齢者雇用に対する取組みが益々重要に

  

  29年版「高齢社会白書」によると、 28年時点での全就業者数6465万人のうち、

 60~ 64歳は8.1%、

 65 ~ 69歳は6.8%、

 70歳以上は5.1%となっており、

 就業者に占める高齢者の割合は年々増加しています。

 企業には、高年齢者雇用安定法により「定年制の廃止」「定年の引上げ」「継続雇用制度の導入

 のいずれかの措置を講じることが義務付けられていますが、

 高齢者に対する雇用環境整備等の取り組みが益々重要となってきます。

 なお、65歳以上への定年引き上げや高齢者の雇用環境の整備などを

 実施する事業主を支援する制度として「65歳超雇用推進助成金」などがあります。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


新体制での税務調査が始まります

  

  7月10日に、国税職員の定期人事異動が発令され、平成29年事務年度が始まります。

 新体制のもとで税務調査が始まりますので、何時来られても対応できるよう

 帳簿や領収書・契約書など証拠書類を整理しておきましょう。

 税務調査は原則として、電話により事前通知(顧問税理士にも通知されます)がありますので、

 日時や対象税目・担当部門・調査官名などを聞きます。

 なお、日時などの都合が悪い場合には、正当な理由があれば変更することも可能です。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


★☆★7月のチェックポイント★☆★

  

  ★納期の特例の承認を受けている企業(従業員数が常時10人未満)の

     源泉所得税(1月 ~ 6月分)は7月10日(月)が納付期限です。


  ★健保・厚年の「被保険者報酬月額算定基礎届」の提出期間は7月1日 ~ 10日です。

    (来所日指定等の事業を除く)


  ★「労働保険の年度更新」の申告及び保険料納付等の手続きは7月10日が期限です。


  ★夏場の健康管理に配慮します。 特に、屋外での作業や外回りの社員には熱中症の注意を。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


年金受給資格期間が10年以上に

  

  2017年8月から年金受給資格期間が10年以上になります。


  老齢基礎年金は、受給資格期間を満たす場合に原則65歳から受給できます。

  これまで受給資格期間は原則25年(300月)以上となっていましたが、

  改正年金機能強化法により、

  今年8月から原則10年(120月)以上あれば、老齢年金を受け取ることが出来るようになります。

 

  なお、受給資格期間は、

   ①国民年金や 厚生年金の保険料を納付した期間(専業主婦など第3号被保険者の期間を含む)

   ②国民年金保険料の納付免除等を受けた期間(免除等の種類によって受給額にも反映)

   ③国外居住していた場合などの合算対象期間(受給額には反映無し)

  を合計した期間となります。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


算定基礎届に関するQ&A

  算定基礎届は、社会保険における標準報酬月額を決定するための手続きとなり、

   7月1日 ~ 10日までに提出します。

◆Q&A

  Q. 対象者は?

  A. 7月1日現在の被保険者全員が対象です。
        

        ただし

        *6月1日以降に資格取得した方

        *6月30日以前に退職した方

         などは対象外となります。

         

 

  Q.標準報酬月額の算定方法は?

  A. 原則、4~6月の3か月間に支払われた報酬の平均額により算定しますが、

        支払い基礎日数が17日未満の月は除きます(短時間就労者は取り扱いが異なります)。

        例えば、5月が17日未満であれば4月と6月の2ケ月で算定されます。

        なお、3か月とも17日未満の場合は、従前の標準報酬月額で決定します。



  Q. 対象となる報酬とは?

  A. 報酬には給与や通勤手当、残業手当など被保険者が労務の対償として受けるすべてのものを含みます。

       ただし、年3回以下の賞与(標準賞与額の対象)や、臨時に受けるもの(見舞金など)は含まれません。


  

  Q. 業務の特性上、例年4月~6月が繁忙期にあたるため、残業手当等により他の期間と比べて多く支給されて

        いる場合は?

  A. 前年7月 ~ 当年6月までの報酬月額の平均との間に、

        標準報酬月額等級区分で2等級以上の差があれば

        年間平均による保険者算定の対象となります。 

        申し立てには「事業主の申立書」と「本人の同意」が必要です。



  Q.特定適用事業所に勤務する短時間労働者は?

  A.昨年10月から社会保険の適用対象となった特定適用事業所(被保険者数が501人以上の企業)で働く

        一定の短時間労働者については、4月~6月のいずれも支払基礎日数が11日以上で算定します。 




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


予定納税の減額申請をする場合は

  

    29年分所得税の予定納税が必要な方には、税務署から「予定納税額の通知書」が届きます。


  予定納税とは。。。。

    前年分の所得金額や税額などに基づき計算した予定納税基準額が15万円以上の場合に

   その年の所得税の一部を予め納付する制度です。

   予定納税基準額の1/3の金額を、

   第1期(7月1日~31日まで)第2期(11月1日 ~ 30日まで)

  それぞれ納めることになります。


    

      なお、業況不振などにより、6月30日時点における所得税の見積額が

      予定納税基準額よりも少なくなると見込まれる場合は、

      7月18日までに「予定納税額の減額申請書」を税務署に提出して承認されることで、

      予定納税額が減額されます。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


ふるさと納税を行った方は住民税を確認!!

  

    ふるさと納税を行った場合、確定申告を行った方は所得税と住民税から控除され、

   ワンストップ特例制度(確定申告を行わなくても控除が受けられる制度)を適用した方は

   所得税の控除はなく、その分を含めた全額が住民税から控除されます。


   住民税分については、 ふるさと納税を行った翌年度の住民税が減額される形で控除されますので、

  この時期に届く住民税決定通知書に記載されている市町村民税(特別区民税)と

  道府県民税(都民税)の税額控除額を確認しましょう。


   なお、この税額控除額欄の金額はふるさと納税の控除だけではなく、

  住宅ローン控除等も含まれた金額となります。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


協会健保による被扶養者資格の再確認

  

   ◆協会けんぽ(全国健康保険協会)は毎年、健康保険の被扶養者について要件を満たしているかを

    再確認してもらうため、対象者がいる事業主に「健康保険被扶養者状況リスト」を

    6月上旬から順次送付します(7月末までに提出)

    再確認の実施により、2018年度は7万人の被扶養者資格が解除されています。

 

  解除となった主なケースは

   *被扶養者が就職して被保険者となった

   *被扶養者の年収が、130万円(60歳以上などは180万円)以上となった

  などです。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


★☆★6月のチェックポイント★☆★

  

   ◆6月1日より、郵便料金が一部改訂するので、新料金表の掲示や社員への周知を図ります。

     ⇒郵便料金の改定


  ◆6月支給の給与から、新年度個人住民税の特別徴収が始まるので、

     賃金台帳に新徴収額を記入する。


  ◆労働保険の年度更新手続きは6月1日から、

     健保・厚生年金の「算定基礎届」は7月から始まり、

     共に提出期限は7月10日なので早目の準備をしましょう。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


成立した民法改正のポイント

  

   民法(債権関係)は、日常生活や経済活動における様々な契約の基本ルールなどが

  定められているもので、明治29年の制定から抜本的な改正は行われていませんでしたが、

  現代化を図るための改正が今月26日に可決・成立しました。


◆改正法は公布から3年以内に施行

 《改正項目の一例:債権関係》

   ◎債権の消滅時効・・・現行では原則、権利を行使できる時から10年間ですが、

     一定の債権については1~ 3年の短い期間

    (例えば、飲食代金などは1年、商品の売掛代金などは2年)が規定されています。

     改正では、このような短期消滅時効を廃止し、

     原則として権利を行使できることを「知った時から5年間」とします。

   (現行の権利を行使できる時から10年間も維持し、いずれかに該当した場合に適用)




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


郵便料金の改定

  

  平成29年6月1日より、郵便はがき、定形外郵便物、ゆうメールの料金が一部改訂されます。

  新料額表の掲示など社員への周知を行いましょう。


  主な改定は・・・

  ◆通常はがき :62円

  ◆往復はがき :124円

  ◆定形外郵便物は所定の規格内:据置き(一部引き下げ)

                                  規格外:大幅に料金が高くなるものも

     所定の規格(長辺34cm × 短辺 25cm × 厚さ 3cm/ おおむね 角2封筒)


 詳しくは こちらを参照ください。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


配偶者控除等の見直し  (平成30年から適用)

  

  平成29年度税制改正により、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが行われ、

  平成30年分以後の所得税について適用されます。


現行の配偶者控除・配偶者特別控除は

  配偶者控除は現行、納税者と生計を一にしており、

  年間の合計所得金額が38万円以下(給与収入のみの場合は103万円以下)である等の

  要件を満たす配偶者がいる場合に、納税者は38万円(配偶者が70歳以上の場合は48万円)

  所得控除が受けられます。

  また、配偶者の合計所得金額が38万円を超える場合でも76万円未満(給与収入141万円未満)で

  あれば配偶者特別控除を適用でき、 配偶者の所得金額に応じた控除額(38万円 ~ 3万円)が

  受けられます。

  ただし、納税者の所得金額が1千万円超(給与収入 1220万円超)の場合、

  配偶者特別控除の適用はできません。



配偶者の給与収入 201万円まで控除対象に

  改正により、

  配偶者特別控除の対象となる配偶者の所得金額は38万円超123万円以下(給与収入201万円以下)

 となり、85万円以下(給与収入150万円以下)控除額38万円の対象となります。

 

  ただし、納税者本人に所得制限が設けられ、

  所得金額が900万円(給与収入1120万円)を超える場合は控除額が 逓減し、

  1千万円(給与収入1220万円)を超えた場合、配偶者控除等は適用できません。

  例えば、配偶者の所得金額が85万円以下の場合に

    ・納税者の所得金額が900万円以下であれば控除額は38万円となりますが、

    ・900万円超950万以下は26万円

    ・950万円超1千万円以下は13万円

  が控除額となります。





≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


★☆★5月のチェックポイント★☆★

  

  ◆GWの休業日を取引先等に伝え、先方の日程も確認して、納品や決済等に支障がないよう調整する。

  ◆新入社員などに「5月病」の兆候がないか見守る。

  ◆個人住民税特別徴収の納税通知書が届いたら、賃金台帳に転記して6月からの徴収に備える。

  ◆固定資産税の納税通知書が届いたら、課税内容をチェックして納付期限を確認する。

  ◆自動車税・軽自動車税は4月1日現在の所有者に対して課税されるので、

     買い替え・廃車等の有無を確認し、納税に備える。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


法定相続情報証明制度の開始

  

  相続が発生した際、被相続人名義の不動産は法務局(登記所)で相続登記を行い、

  預貯金は金融機関で払戻し等の手続きを行うことになります。

  このような相続手続きでは、被相続人の出生から死亡までの戸除籍謄本や

  相続人の戸籍謄本等を、それぞれの機関に提出する必要がある為、煩雑です。

   

   そこで法務省は5月29日から、

   相続人(又は代理人)が収集した戸除籍謄本等と、 

   その記載に基づき作成した法定相続情報一覧図を

   法務局に提出することで、 戸籍謄本等の代わりに相続手続きに利用できる認証文付きの

「法定相続情報一覧図の写し」を無料で交付する制度法定相続情報証明制度)を開始します。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


4月の給与計算の前に確認すること

  

  ◎子女の就職等で扶養親族数の変更があった社員や新入社員からは、扶養親族の有無にかかわらず

    「扶養控除等(異動)申告書」を受理します。


  ◎定期昇給などを実施した場合は、新基本給に応じた残業手当の単価や諸手当の計算をします。


  ◎協会けんぽの保険料率の改定有無、介護保険料率は引上げ、雇用保険料率は引下げになりますので、

    確認のうえ、給与計算を行います。

         協会けんぽの保険料率・介護保険料率については。。。こちら

        雇用保険料率については。。。。こちら



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


従業員の採用・退職による社会保険の取扱い

  

   3月・4月は、従業員の採用や退職などが増える時期ですが、  

  社会保険料(厚生年金・健康保険)は月単位で計算されるため、

  月の途中で被保険者資格の取得・喪失があった場合でも、保険料を日割りで計算することはありません。

  そのため、従業員を採用等した場合は、被保険者資格を取得した日の属する月から保険料を納めることになります。

  一方、退職等の場合は、資格喪失日が属する月の保険料を納める必要はありませんが、

  資格喪失日は退職等した日の翌日となります。

  例えば、331日に退職した場合は41日が喪失日となり、3月分までの保険料を納める必要があります。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


★☆★3月のチェックポイント★☆★

  所得税・贈与税の申告・納税は3月15日(水

      個人事業者の消費税の申告・納税は3月31日(金)まで。

      振替納税の方の振替日は所得税が4月20日(木)個人消費税は4月25日(火)。


  ◆期限切れとなる、契約書・身分証明書・届出書などを確認し、更新や延長の手続きをします。

  ◆法定保存義務文書を除き、長期間死蔵している文書を分類・破棄してオフィスの整頓を。

  ◆年度末は売掛金等債権回収の好機、残高等の確認を行い完全回収に取り組みます。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


29年度の協会けんぽの保険料率は

  主に中小企業が加入する協会けんぽ(全国健康保険協会)の29年度の保険料率が決定しました。

 都道府県ごとに設定されている健康保険料率については、全国平均で10%に据え置きとなりますが、

 都道府県単位では改訂されます(引上げ24支部、引下げ20支部、据置き3支部)。

 また、40歳 ~ 64歳までの方が負担する全国一律の介護保険料率は、1,65%(現行1,58%)に

 引上げられます。

 これらは3月分(4月納付分)からの適用です。


   各都道府県別の料率等詳細はこちらを参照ください。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


節税目的の養子縁組は有効?

  ◆節税のための養子縁組に係る最高裁判決

 相続税の節税を目的とした養子縁組は「当事者間に縁組をする意思がない」として無効であるかどうかが争われた裁判で、最高裁は「節税のための養子縁組であっても、直ちに無効とはいえない」との判断を示しました。

この事案は二審の高裁で、養子縁組は専ら相続税の節税のためにされたものであり、民法802条1号の「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとして、養子縁組は無効と判断されていました。

 しかし、最高裁では、相続税の節税のために養子縁組をする場合でも、直ちに「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとすることはできないとし、縁組をする意思がないことをうかがわせる事情もないことから、養子縁組は有効と判断しました。


   ◆養子縁組による節税対策は慎重に

 相続税の申告・納税は、相続等により取得した財産が基礎控除額(27年以降は「3千万円 +600万円 × 法定相続人の数」)を超える場合に必要となりますが、法定相続人の数が多いほど基礎控除額が増えます。また、生命保険金や死亡退職金の非課税限度額(500万円 × 法定相続人の数)も同様です。そのため、富裕層を中心に節税目的で養子縁組をするケースは少なくありません。

ただし、法定相続人の数に含まれる養子は、実子がいる場合は1人(実子がいない場合は2人)までとなり、孫を養子にした場合は孫の相続税に2割加算されます。

 また、安易に養子縁組を行うことで、親族同士でトラブルが起こることもあるので注意が必要です。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


医療費控除に関するQ&A

  医療費控除は、本人または生計を一にする親族のために支払った医療費(保険金などを差し引く)                            10万円(所得200万円未満の方は所得の5%)を超える場合、超えた金額を所得控除できる制度です。

   

 ◆Q&A

 Q:対象となる医療費は?

 A:医師等による治療費、入院した際の部屋代や食事代、交通機関を利用した通院費
      (自家用車でのガソリン代等は対象外)、風邪等を治すために購入した医薬品の代金など、
       診療や治療に直接必要な費用が対象となります。


 Q:共働き夫婦で夫が妻の医療費を負担した場合

 A:生計を一にしている場合は、医療費を実際に支払った夫の医療費控除の対象となります。


 Q:健康診断や人間ドックの費用は?

 A:治療を行うものではないため対象外です。
       ただし、診断で発見された疾病を治療する場合は、治療費だけではなく
       健康診断などの費用も対象になります。


 Q:保険適用外の自由診療は対象外?

 A:保険提要は関係なく治療目的であれば対象です。

      例えば、インプラント(人口歯根)等は対象になります。
      ただし、美容目的で行うものは対象外です。


 Q:治療費をクレジットカードで支払った場合は?

 A:病院等へ支払を行った年の控除の対象となります。
       なお、金利及び手数料相応分は医療費控除の対象になりません。


 Q:治療中に年が変わる場合は?

 A:それぞれの年に実際に支払った医療費が各年分の医療費控除の対象となります。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


平成29年度税制改正大綱(個人関連)

  ◎配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

   

     38万円の所得控除が受けられる配偶者の年収上限を 150万円(給与のみの場合)に引き上げ、

  150万円超 201万円以下までは控除額を段階的に縮小。また、納税者に所得制限を設定し、

  給与収入1120万円から控除額が縮小し、1220万円を超えると控除は適用不可。

  30年分以降の所得税について適用。


   参考 ⇒ 税制改正の概要

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


確定申告が必要な方は。。。

  給与所得者は通常、年末調整だけで確定申告の必要はありませんが、年末調整では対応していない控除を受けるためには確定申告が必要です、

   例えば、

   医療費控除(原則10万円を超える医療費を支払った)や、

   雑損控除(災害、盗難、横領により住宅や 家財などの損害を受けた)、

   寄附金控除、住宅ローン控除(初めての適用)などです。

 

  確定申告で還付を受けるには、領収書や証明書などが必要となりますので、該当する従業員にも

 お知らせして早めに準備をしておきましょう。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


相続税の課税対象となる財産

  相続税は、相続等によって取得した財産価額から借金などの債務や葬式費用を差し引いた金額が

  基礎控除額  (3千万円 + 600万円 × 法廷相続人数)を超える場合、申告が必要となります。  

  申告期限は、被相続人がなくなったことを知った日の翌日から10か月以内です。 

 課税対象となる主な財産は、 

   ◆被相続人が所有していた金銭に見積もることができる全ての財産  

   ◆被相続人が亡くなったことで支払われる生命保険金(被相続人が負担した保険料に対応する部分)や

      退職金  

   ◆相続開始前3年以内に贈与を受けた財産 などです。  

 なお、申告漏れ財産では現金・預貯金が最も高い割合となっていますが、特に被相続人以外の名義に

 よる預金で あっても、単に名義が配偶者や子などになっているだけのものは、「名義預金」として

 被相続人の財産となりますので、注意が必要です。 


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


★☆★11月のチェックポイント★☆★

◆年末調整の準備

  各種控除申告書を配布して、控除を受けるために必要な証明書などを集めておくよう指示。

  中途入社の方には、前勤務先の「源泉徴収票」を取り寄せるよう依頼します。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


来年から雇用保険の適用対象が拡大

 雇用保険は現行、新たに雇用した65歳以上の方については適用除外とされていますが、

改正により29年1月から「高年齢被保険者」として提供対象となります。

(ただし、保険料の徴収は31年度まで免除となります。)

これにより、雇用保険の適用要件(1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込み)

に該当する65歳以上の方を、

    ①29年1月以降、新たに雇用した場合

    ②28年12月末までに雇用し29年1月以降も継続して雇用している場合

  上記は、適用対象となりますので、管轄のハローワークに「雇用保険被保険者資格取得届」を提出する必要があります。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


年の中途で扶養親族等に異動がある場合は・・・

   年末調整は、本年の最後に給与の支払をする時までに提出された「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に基づいて行いますので、申告書を提出していない人がいないか、年の中途で扶養親族の数などに異動があった場合の異動申告が行われているかを確認します。

   年の中途で異動があった場合は、その都度異動申告を行うことになっていますが、

   *控除対象であった扶養親族が就職や結婚などにより対象外となった

   *結婚したことで控除対象となる配偶者を有することとなった

   *離婚などで寡婦に該当することとなった

場合など、異動申告を提出し忘れていることがあります。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


28年分の年末調整に係る留意点等

   年末調整の準備に向けて、以下の留意点等を確認しておきましょう!


  ◆年末調整関係書類に係るマイナンバーの記載

    年末調整関係書類のうち、「保険料控除申告書」、「配偶者特別控除申告書」、「(特定増改築等)

 住宅借入金等特別控除申告書」については、28年4月以後に提出するものからマイナンバー(個人番号)

 の記載が不要となっています。

  また、給与支払者が個人の場合は、マイナンバーの付記は不要ですが、法人の場合には、法人番号を

 付記する必要があります。

  「扶養控除等(異動)申告書については、原則マイナンバーの記載が必要となります。

   なお、29年分から給与等の支払者が提出者のマイナンバー等を記載した一定の帳簿を備えている

 場合、申告者への記載は不要とする取扱いが適用されます。


   ◆通勤手当の非課税限度額引き上げ

  28年1月から通勤手当の非課税限度額が15万円(改正前 10万円)に引上げられました。

  28年4月の改正前に支払われた通勤手当が改正後の非課税規定を適用し過納となる場合は、

  年末調整の際に清算します。


   参考⇒ 通勤手当の非課税限度額引き上げ


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                           ≫このページのトップへ戻る


★☆★10月のチェックポイント★☆★

   ◆7月に提出した「算定基礎届」に基づく新標準報酬は、通常10月支給給与から天引きです。

      また、厚生年金保険料率が18.182%に引き上げられているので金額等を確認しておきます。


   ◆地域別最低賃金が改訂されますので、改訂額や発効日を確認します。


   ◆年末にかけて資金需要が増大するので、製造・販売計画、売掛金回収の強化を行い、

      資金繰りの確認をします。新たな借入が必要な場合は早めに取引金融機関に相談をします。

  

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


平均給与は 3年連続増↑の 420万円

   ◆給与階級別分布では 約6割が400万円以下

    国税庁が 公表した「平成27年分民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者

   4794万人(男性2831万人、女性1963万人)の平均給与は、420万円(男性521万円、女性276万円、

   平均年齢45.6歳)となり、前年に比べ1.3%増と3年連続で増加しました。


    給与階級別分布では、300万円超400万円以下が838万人(構成比17.5%)で最も多く、次いで200万

  円超300万円以下が780万人(同16.3%)となっており、400万円以下の給与所得者は合計2749万人

  と全体の57.4%を占めています。


    また、事業所規模別の平均給与をみると、従事員10人未満の事業所では337万円(男性419万円、

  女性241万円)、10~29人では386万円(男性467万円、女性266万円)となっています。



  ◆1千万円超の給与所得者が税額の5割を占める


   給与所得者のうち源泉徴収による所得税を納税した方の税額は8兆8407億円で、給与総額における

  税額の割合は4.7%でした。

    また、給与階級別の税額をみると、1000万円超の給与所得者数は209万人で全体の4.3%に過ぎま

  せんが、税額は合計4兆4298億円と50.2%を占めています。

   なお、給与収入から一定金額を差し引くことができる給与所得控除については、今年から 給与収入が

 1200万円を超える場合に、230万円が控除額の上限となっています。さらに来年以降は、給与収入が

 1000万円を超える場合に、220万円が控除額の上限となり、税負担が増加します。

  

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


事業承継税は要件緩和で認定件数が増加

   事業承継税制は、後継者が先代経営者から相続または贈与により非上場株式を取得した場合、要件を満たせば、相続税は80%、贈与税は全額を納税猶予する制度で、

  昨年から、 

   ※親族外承継の対象化

   ※雇用維持要件の緩和(5年間平均で 雇用の8割以上を維持)

   ※贈与時の役員退任要件の緩和(先代経営者は代表権を有していなければ有給役員として 残留可)

  などが実施されています。

  この要件緩和等により、27年の認定件数は前年比2.3倍の456件(相続税184件、贈与税272件)

 となる見通しです。特に、贈与税の 認定件数は、贈与時の役員退任要件の緩和によって、

 26年の47件と比べて5.8倍に増加しています。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


個人型確定拠出年金の制度改正

   29年1月から 個人型確定拠出年金の加入対象範囲が拡大されることから、認知度向上のため愛称が

   「iDe Co(イデコ)」に決定されました。


 ◆来年から基本的に全ての60歳未満が対象に

  ◎個人型確定拠出年金(個人DC)とは、公的年金に上乗せする私的年金(国民年金基金連合会が実施)で、加入者が選択した金融機関を通じて自ら掛金の運用を行い、運用の成果によって将来の給付額が決まる制度です。

 現行の加入対象者は、自営業者等(国民年金第1号被保険者)や、企業年金等に加入していない会社員(厚生年金被保険者)に限定されていますが、制度改正により、来年から企業年金加入者や専業主婦(第3号被保険者)、公務員等も対象になります。


 ◆個人型DCの主な特徴

  ◎受給方法・・・・・老齢給付金、障害給付金、死亡一時金の3種類があり、老齢給付金は原則60歳から年金または一時金で受取ることができます。


  ◎掛金の上限 ・・・・・加入者によって異なり、自営業者の場合は月額 6 .8万円(年81.6万円)、企業年金等に加入していない会社員の場合は月額2.3万円(年27.6万円)が限度となります。


  ◎税制上の優遇措置・・・・・掛金は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となり、運用段階において得た収益は、全額非課税です。また、給付金を年金で受取る場合には公的年金等控除、一時金で受取る場合には退職所得控除が適用されます。


  ◎注意点・・・・・運用リスクは加入者個人が負うことになり、原則60歳まで掛金を途中で引き出すことはできません。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


所得、相続、贈与における「配偶者控除」

   政府税制調査会による来年度税制改正の議論が始まり、所得税を軽減する配偶者控除の見直しが一つの焦点になっていますが、夫婦を対象にした配偶者控除は、所得税だけではなく、相続税や贈与税にもあります。


 ◆各税制における配偶者控除の概要

  ◎ 所得税における配偶者控除・・・・・納税者に年間の合計所得金額が38万円以下の控除対象配偶者がいる場合は、38万円(配偶者が70歳以上の場合は48万円)の所得控除が受けられます。 

  例えば、夫が会社員で、妻がパート収入だけの場合、妻の給与収入が103万円以下であれば、合計所得金額は38万円以下(103万円 - 給与所得控除65万円)となり、配偶者控除が受けられます。

   なお、配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満(給与収入のみの場合は103万円超141万円未満)の場合には、配偶者特別控除が適用できます。

   ただし、納税者の合計所得金額が1千万円を超える場合は適用できません。


   ◎相続税における配偶者控除・・・・・亡くなった方の配偶者が相続等により実際に取得した正味の遺産額について、①1億6千万円、②配偶者の法廷相続分相当額、のどちらか多い金額までであれば、配偶者に相続税はかかりません。


   ◎贈与税における配偶者控除・・・・・婚姻期間が20年以上の夫婦間で、居住用不動産又は居住用不動産の購入資金の贈与が行われた場合に、最高2千万円の配偶者控除を受けることができます。なお、同じ配偶者からの贈与は一生に一度しか適用を受けることができません。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


厚生年金保険料率の引上げはいつまで?

  ◆厚生年金保険の保険料率は16年10月以降、毎年9月に0.354%ずつ段階的に引き上げが行われています。これにより、28年9月分(10月納付分)からは、18.182%(一般保険者の場合)となります。

  なお、保険料率は29年9月以降、18.3%で固定される予定となっています。

  

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


☆★☆9月のチェックポイント☆★☆

  ◆7月に提出した、健保・厚年の算定基礎届に基づく新標準報酬は9月分(10月納付分)から。


  ◆厚生年金保険料率が9月分から18,182%に 引き上げられるので、新標準報酬とともに保険料額を

   賃金台帳などに転記し、従業員にも通知します。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


ふるさと納税による住民税控除額は999億円

  ◆総務省によると、27年中に行われたふるさと納税額は1470億円(前年比 4.3倍)で、確定申告又はワンストップ特例制度(確定申告を行わなくても控除が受けられる制度)の適用により28年度の個人住民税から控除を受けた方は、129.5万人(同 3.0倍)、その控除額は998.5億円(同5.4倍)となりました。

  なお、確定申告をしない給与所得者数が対象となるワンストップ特例制度は、控除を受けた方のうち

42万人が適用しています。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


領収書に係るスキャナ保存制度の見直し

  ◆ 国税関係書類(契約書、領収書等)に係るスキャナ保存制度は、27年度税制改正において、3万円以上の契約書・領収書等も対象となり、電子署名が不要となるなどの要件緩和等が行われましたが、28年度改正では以下の見直しが行われます。


◆28年度改正におけるスキャナ保存の見直し

  ◎読取装置の要件緩和・・・・・スキャナについて「原稿台と一体となったもの」に限定する要件を廃止し、スマートフォンやデジタルカメラ等による読み取りも可能になります。


  ◎受領者等が読み取りを行う場合の手続きの整備・・・・・契約書、領収書等を作成・受領する者(受領者等)がスキャナで読み取りを行う場合には、次の事項がスキャナ保存に係る承認の要件となります。

  ①領収書等の受領者等は、その書類に署名した上で、特に速やか(3日以内)にタイムスタンプを付さなければならない。

  ②書類の大きさがA4以下の場合、大きさに関する情報の保存は不要とする。

  ③相互けん制要件について、受領等事務と読み取り事務をそれぞれ別の者が行うこととする要件が不要とされ、受領者以外の者が記録事項の確認を行うことが要件となる。


  ◎相互けん制要件に係る小規模企業者の特例・・・・・従業員数20人以下(商業又はサービス業は5人以下)の小規模企業者は、税理士などの税務代理人が定期的な検査を行うこととしている場合に、相互けん制要件が不要となります。


  ◎適用関係・・・・・上記は29年1月1日から 開始されます(28年9月30日以降の承認申請から適用)。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


8月のチェックポイント★☆★

  ◆ 夏季休業を行う企業は、日程を取引先に通知すると同時に取引先の日程も確認して、納品・出荷や

支払い・集金などを調整します。


  ◆一斉休業中の防犯対策や、パソコンなどデータのバックアップを行います。


  ◆夏季休業明けは疲労がたまる時期です。交通事故や労働災害などを防止するため、適度な休憩を設け

  健康管理と安全対策の徹底をします。


  ◆ 台風シーズンを迎え、商品・設備の水漏れ防止や緊急持ち出しなど風水害への対策を。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


28年度の地域別最低賃金の引上げ目安額は

   毎年10月頃に改訂される地域別最低賃金について、中央最低賃金審議会が答申した28年度の引き上げ額の目安は、全国加重平均で24円となり、全ての都道府県で20円を超える大幅な引上げが示されました。

  今後、この目安を参考に各都道府県の地方最低賃金審議会が審議を行い、改定額を決定しますが、目安額とおりに改訂された場合は、全国加重平均で自給822円となります。


 なお、各都道府県の引上げ額の目安は、4ランク(A 25円、B 24円、C 22円、D 21円)に分けて提示しており、Aは5都府県、Bは11府県、Cは14道県、Dは17県となっています。


   参考URL ⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000131557.html


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


税法上と健康保険上の扶養要件の違い

  ◆対象者の範囲や収入などで異なる要件

  税法上の控除対象者配偶者または扶養親族になっている場合、被扶養者資格の確認を省略できますが、税法上と健康保険上の要件は、主に以下のような違いがあります(健保組合では異なる場合があります)。

  ◎対象者の範囲

  ※税法上・・・・納税者と生計を一にしている配偶者と、6親等内の血族および3親等内の姻族で、勤務や療養等の都合上、別居している場合なども対象です。

  ※健康保険上・・・・被保険者に生計を維持されている3親等内の親族で、配偶者(内縁も含む)、直系尊属、子、孫、弟妹は、同居していない場合も対象です(28年10月以降は兄弟の同居要件が廃止)。


  ◎年間の収入金額

  ※税法上・・・・年間の所得金額が38万円以下(給与のみの場合は年収103万円以下)です。1月から12月までの1年間の収入で判定します。

  ※健康保険上・・・・年収130万円未満(60歳以上または障害者の場合、180万円未満)で、かつ被保険者の年収の1/2未満(別居の場合、仕送り額未満)であることです。過去における収入ではなく、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の年間の見込み収入額で判定します。


   ◎遺族年金や失業等給付、出産手当金などの取扱い

   ※税法上・・・・非課税所得となります。

   ※健康保険上・・・・収入に含まれます。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


お祭りや花火大会に協賛金を支出した場合

  各地で夏祭りや花火大会が行われる季節になりました。

  このようなイベントに企業が協賛金を支出することがありますが、事業と直接関係のない者に対して

 金銭を支出した場合は、原則として「一般の寄附金」となり、資本金や所得額などに応じた一定限度額

 の範囲内で損金算入できます。

   ただし、協賛金を支出することで、社名入りの提灯が吊るされたり、ホームページや配布されるパン

  フレットなどに広告が掲載される、会場で社名がアナウンスされるなどの場合は、不特定多数の人に

  対する宣伝効果があるため、広告宣伝費として全額が損金となります。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


予定納税の減額申請は7月15日までに

  ◆ 28年分所得税の予定納税が必要な方(予定納税基準額が15万円以上)には、通知書が送付されています(熊本県が納税地の方は除く)。

  予定納税額は原則、第1期分を8月1日まで、第2期分を11月30日までに、それぞれ基準額の1/3を

納付します。ただし、業況の悪化や災害などで、予定納税基準額よりも少なくなると見込まれる場合は、

減額を求めることができます。

  第1期分の減額申請は、7月15日までに申請書を税務署に提出する必要があります。

≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


7月のチェックポイント★☆★

  ◆ 納期の特例の承認を受けている企業(従業員数が常時10人未満)の

源泉所得税(1月 ~ 6月分)は7月11日(月)までに納付します。

 

 ◆ 健保・厚年の被保険者報酬月額算定基礎届の提出は7月1日 ~ 11日(来所日指定等の事業所を除く)

 

 までです。 労働保険の年度更新の申告及び保険料納付等も7月11日が期限です。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


中小企業等経営強化法施行

  中小企業等経営強化法  7月1日に施行

 中小企業等経営強化法では、設備投資や人材育成など経営力を向上するために実施する「経営力向上計画」を策定し認定をうけることで、計画に基づき一定の機械装置(新品)を取得した場合に3年間、固定資産税の課税標準が1/2に軽減される措置を適用できます(資本金1億円以下の中小企業者等が対象)。

  法施行日(7月1日)以降に取得した機械装置であれば、経営力向上計画を提出する前に取得した場合でも軽減措置の対象となります。ただし、取得後に経営力向上計画を提出する場合には、取得日から60日以内に経営力向上計画が受理される必要があります。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


特例源泉税・労働保険料などの資金対策を

  納期の特例の適用を受けている企業の源泉所得税は、7月11日(月)が納付期限です。

 同特例は、1月~6月分の給与・賞与・退職金及び税理士などの報酬の源泉所得税をまとめて納付するため多額になる

場合があります。正当な理由なく納期限に遅れると、不納付加算税と延滞税が課せられるので注意が必要です。

 また、労働保険の概算保険料の納付や賞与など資金需要が増える時期と重なるので、売掛金の管理・回収など資金対

策を再確認しておきましょう。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


6月のチェックポイント

 ◆ 6月支給の給与から、新年度の住民税特別徴収が始まるので、賃金台帳に新徴収額を記入。

 ◆ 賞与を支給した企業は「賞与支払届」を作成して、5日以内に所轄の年金事務所に提出します。

 ◆労働保険の年度更新手続きは6月1日から、健保・厚年の「算定基礎届」は7月から始まり、共に提出期限は

   7月11日なので早めの準備を。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


労働保険の年度更新に関する注意点等

  労働保険(雇用・労災保険)の年度更新お手続きは、6月1日 ~ 7月11日までです(熊本県内の事業場は労働保険料の申告・納期限が延長されています)。

 ◆ 労働保険の年度更新とは

  年度更新は、既に納付した前年度の保険料を確定した賃金総額に基づき清算するとともに、賃金総額の見込み額で算定した今年度の概算保険料について、申告・納付を行う手続きです。

  保険料は、毎年4月から翌年3月までの1年間に支払われた全ての労働者(雇用保険については被保険者)の賃金総額に、事業ごとに定められた保険料率(労災保険率+雇用保険率)を乗じて算定します。


 ◆ 年度更新に関する注意点等

 ◎28年度の雇用保険率・・・・・・・一般事業は1.1%(事業主負担 0.7%)、農林水産・清酒製造事業は1.3%(同0.8%)、建設事業は1.4%(同0.9%)に変更されています。

 ◎法人番号の記入・・・・・・法人は申告書に追加された「法人番号欄」に、国税庁から通知された13桁の法人番号を記入します。なお、個人事業主は法人番号の13桁すべてに【0】を記入します(個人番号は記入しないでください)。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


役員給与の改定と「みなし役員」

◆役員給与は原則、定期同額

  役員に対する給与は原則、定期同額給与(支給時期が1か月以下の一定期間毎で、その事業年度中の支給額が同額)であれば、全額損金算入できます。

  支給額を改定する場合は通常、決算後に開催する定時株主総会により改訂する必要があり、利益調整目的や一時的な資金繰りなどのために事業年度の中途で改訂した場合には、損金不算入となる金額が生じます。

   ただし、「経営状況が著しく悪化した場合(業績悪化改訂事由)」や「職制上の地位の変更や職務内容の重大な変更(臨時改訂事由)」などの事由による改訂は、事業年度中でも損金算入が認められます。


◆役員として扱われる「みなし役員」とは

  このように役員に対する給与を損金算入するためには制限がありますが、税法上の役員には、取締役や監査役などの会社法等で規定された役員だけではなく、一定の条件に該当する方も役員とみなされます。これを「みなし役員」といい、役員と同様に取り扱われることになります。

  みなし役員とは、以下の①、②いずれかに該当する方をいいます。

 

  ① 法人の使用人以外で他の役員と同様い法人の経営に従事している方

       (取締役になっていない会長や顧問、相談役など)

  ② 同族会社の使用人で一定の持株割合を満たし、経営に従事している方


  なお、「経営に従事している」とは、経営方針や資金調達、人事など経営上の重要事項に関する意思決定に参画しているかどうかにより判断されます。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


知っておきたい「地震保険」

◆地震保険とは

  地震・噴火・津波が原因の火災・損壊・埋没・流出による損害を補償する保険で、火災保険に付帯する方式での契約となります(単独では契約できません)。なお、火災保険だけでは、地震による火災の損害は補償されません。


◆補償対象

  居住用建物と家財(生活用動産)が対象となります。工場や事務所専用の建物、自動車、30万円超の貴金属などは対象外です。


◆契約金額

  火災保険の契約金額の30%~50%の範囲内で決めることができます。ただし、建物は5千万円、家財は1千万円が限度です。


◆保険料

  所在地(都道府県)や建物の構造により保険料は異なります。なお、地震保険料控除により、所得税は最高5万円、住民税は最高2万5千円を控除できます。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                 ≫このページのトップへ戻る


もしもに備えて定時株主総会の開催を

   定時株主総会は事業年度終了後、決算の承認等を議題に税金の申告は2ケ月以内ですから、例えば3月決算法人の場合はこの時期になります。

   議事録などを作成するだけで済ませる会社もありますが、一部株主との間にトラブルがあった場合、株主総会決議の無効を訴えられる恐れがありますから、もしもに備えて開催をお勧めします。

  なお、議事録を作成しないで役員給与の増額や退職慰労金を支給すれば、税務上否認されることがありますので注意が必要です。


≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                 ≫このページのトップへ戻る


雇用関係助成金を利用する為の共通用件は

   従業員の雇用維持や雇い入れ、処遇や職場環境の改善、職業能力の向上など一定の取り組みに対して活用できる多くの雇用関係助成金がありますが、これらの助成金を利用できるのは、雇用保険適用事業所の事業主であり、各助成金に設けられた要件を満たす必要があります。

  また、支給申請した年度の前年度より前の年度の労働保険料を納入していない場合(支給申請日の翌日から2カ月以

内に納付を行った場合を除く)や、支給申請日の前日から過去1年間に労働関係法令の違反があった場合、不正受給を

してから3年以内または申請日から支給決定日までの間に不正受給をした場合などは、受給できません。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                 ≫このページのトップへ戻る


個人が寄付した災害義援金の取り扱い

4月14日及び16日 九州熊本、大分エリアを中心に巨大地震が連続して発生いたしました。

被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


◆「ふるさと納税」として寄付金控除

  熊本・大分地震による被災者を支援するため、義援金を送った方も多いと思います。

  個人の方が、被災地の熊本県や大分県に対して義捐金を寄付した場合は、「ふるさと納税」として寄付金控除が受けられます(2,000円を超える部分の金額を所得税と個人住民税から控除)。

  日本赤十字社などを通じて支払った義援金も、最終的に被災地方団体または、義援金配分委員会等に搬出されることが募金要綱等で明らかにされている場合は、ふるさと納税として取り扱われます。


◆控除を受けるために必要な書類等は

  ただし、募金団体を通じた義援金については、ワンストップ特例(確定申告の必要がない給与所得者等を対象に確定申告を行わなくても寄付金控除が受けられる制度)の適用はないため、控除を受けるためには申告が必要となります。 なお、申告の際には証明書類として、地方団体や募金団体が交付する受領書等の添付が必要となりますが、郵便府営替えの半券や、銀行の振込票の控えを証明書類とする場合は、振り込んだ口座が義援金の受付専用口座であることが分かる資料(募金要綱や募金団体のホームページの写し)を併せて添付する必要があります。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                ≫このページのトップへ戻る


納税通知書が届いたら…

各種納税通知書が届いたら、やっておくと便利!なお知らせです。

◆個人住民税特別徴収の納税通知書が届いたら。。。。賃金台帳に転記して6月からの 徴収に備えます。

◆固定資産税の納税通知書が届いたら。。。。課税内容をチェックして納付期限を確認します。

◆自動車税・軽自動車税は4月1日現在の所有者に対して課税されるので、買い替え・廃車等がないか確認して納税に備えます。



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                 ≫このページのトップへ戻る


通勤手当の非課税限度額引き上げ

通勤手当の日風限度額引き上げに関するお知らせです。

通勤手当の1か月あたりの非課税限度額が、10万円から15万円に引き上げられることになりました。

平成28年1月1日以降に支払われる通勤手当から適用されます。


参考URL⇒ https://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                               ≫このページのトップへ戻る


65歳以上も適用対象に

65歳以上も雇用保険の適用対象に関するお知らせです。

「雇用保険法等の一部を改正する法律」が成立しました。改正法には、28年度の雇用保険料率引上げ(一般事業の場合は1.1%)のほか、65歳以上への雇用保険の適用拡大などがあります。

 雇用保険は現行、65歳に達した方が新たに雇用された場合は、被保険者になることができません(65歳になる前から

引き継不羈雇用されている方は高齢継続被保険者として被保険者です)。また、4月1日時点で満64歳以上の方に対し

ては、雇用保険料が免除されています。

 改正により、29年1月から65歳以降に新たに雇用される方は雇用保険の適用対象となります。ただし、保険料は31年

度分まで免除されます。




≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                 ≫このページのトップへ戻る


平成28年4月から紹介状なし大病院受診時の負担

 紹介状なしの大病院受診時負担についてのお知らせです。

 28年4月から紹介状なしの大病院受診時定額負担の導入や入院時の食費負担額引き上げが実施されます。

 大病院(特定機能病院、一般病床500床以上の地域医療支援病院)に紹介状なしで受診した場合、

初診は5000円(歯科3000円)以上、再診は2500円(歯科1500円)以上で病院が設定した金額を支払うことになります。(救急など一定の患者は不要)

 また、入院時の食費の負担額が見直され、1食あたり260円から360円に引き上げられます。

(住民税非課税世帯や指定難病の患者などは据置き)



≫お役立ち情報リストページへ                                                                                                                  ≫このページのトップへ戻る


お知らせ

アクセス案内

〒812-0897
福岡県福岡市博多区半道橋2-15-10

お問合せ

お問合せ・サポートデスク

TEL:092-415-4412
受付:月曜~金曜

 9:00~17:00