経理アウトソーシングとは

経理業務とひとことに言っても、

現預金出納業務、資金管理業務、売上・請求業務、管理会計業務、月次決算業務等、

多岐に渡っています。その上、領収書、 請求書、伝票といった書類整理も必ずついてきます。
会社の経営に直接役立つ業務は書類整理でしょうか?
伝票の入力でしょうか?

「本当に会社の経営に役立つ 仕事を社員に行っていただく」
というのが、

経理アウトソーシングで当社がお役に立ちたいと考えていることです。

今の経理業務を疑問に思っている方、また、アウトソーシングを考えているけど、何から手をつけていいか・・とお悩みの方、

ぜひお気軽に弊社へご相談ください。


        御社にあったアウトソーシングプランを ご提案させていただきます。

経理アウトソーシングのメリット

業務コストの削減
毎月行っている作用が減ることにより、時間コスト等が削減します。


業務品質の向上、リスク回避
経理社員の仕事は専門分野に集約されます。第三者によるチェックが入るため経理業務品質が向上します。


ブラックボックス化の解消
少人数体制に起因する経理部門のブラックボックス化、属人化を解消します。 


経理業務可視化
経理業務を可視化することによって、業務時間の削減・第三者の目による不正防止・内部統制が可能です。


不足解消
月末月初など、経理部門の特有の繁忙期に人員不足するという事態が解消されます。


外部ノウハウの取り込み
専門業者の知識や外部ノウハウの取り込みができるので、経理スキルの向上が期待できます。



経営のスピード化
経理社員が経営に役立つコア業務に多く携わることができるようになり、経営のスピードアップが図れます。

付加価値の高い業務へ転換

自社社員を経理作業、ルーティン業務から付加価値の高い業務へ転換します。


業務停滞の回避
離職・産休育休等の欠員による業務停滞リスクを回避し、永続的な業務継続を実現します。


欠員補充コストが不要
欠員発生時の募集広告費、引継・OJTなどのコストが不要になります。


人件費削減

固定費(人件費)から変動費(支払手数料)へ転換されます。


≫トップページへ                                                                                                                                    ≫このページのトップへ